052-737-1801

茶屋が坂矯正歯科 インスタグラム

〒464-0092 愛知県名古屋市 千種区茶屋が坂1-15-15

名古屋の矯正歯科医院【茶屋が坂矯正歯科】

歯並びと外傷について

過去に歯の外傷の既往があると、歯と骨が癒着している場合があり、歯を動かすことが出来ないことがあったり、歯の内部から吸収、歯の神経が失活してしまうことがあります。それを、放置していると吸収が進み歯の消失したり、歯の寿命が短くなってしまいます。

歯並びが悪いことで外傷を招くこともあり、例えば上顎前突や犬歯の唇側転位など、唇側あるいは頬側に突出している歯は、転倒時やスポーツで強く顔面を打ったりすると、唇や頬を傷つける原因となるばかりでなく、歯が折れたり、顎などの骨折を招くことがあります。臼歯の不正咬合は、咀嚼運動の際に頬粘膜を咬んでしまう原因になることもあります。このように不正咬合が外傷の原因になることもあります。また、顎骨骨折等の外傷は、整復固定の状況では顎変形をもたらし、不正咬合を引き起こす原因になる場合があります。

 

茶屋ヶ坂の歯科矯正歯科医院【茶屋が坂矯正歯科】

日付:   カテゴリ:ブログ