052-737-1801

茶屋が坂矯正歯科 インスタグラム

〒464-0092 愛知県名古屋市 千種区茶屋が坂1-15-15

名古屋の矯正歯科医院【茶屋が坂矯正歯科】

子どもの矯正を始めるタイミングは何歳がいいの?

“子供の矯正治療は何歳で始めるのがベストなのか”というご質問をよく頂きます。

当院では、基本的には7歳~10歳がベストタイミングとお伝えしています。

その理由として上あごの成長は10歳前後、下あごは12歳以降にピークがあるといわれているからです。もちろん個人差や性別の差もあります。

もし、矯正治療により上あごが正常な発育となれば必然的に下あごの状況がよくなることもあります。基本は上あごから装置を付けることが多く、場合によっては下あごに対して積極的な治療が不要になることがあります。不必要な装置の使用を回避し、お子様の負担を減らすこともできるということです。

小学生ごろに行う矯正治療は適切な時期に開始することで大人の歯の正しい生え変わりの誘導や歪んだ顎の成長を整えることを目的に行います。

しかし、幼児期のような早すぎるタイミングでの矯正治療は、本当に治療を行うか判断も難しいです。お子様のご負担もさることながら、もっとはっきり言ってしまえば装置を使わずとも正常な成長に移行する場合もしばしばあります。

逆に、継続的に治療が必要な状況となれば、もう少し、大人の歯が生え揃い大きくなってから始めればよかったのにダラダラと治療を続けざる負えない状況になることもあります。

ただし、受け口の場合は例外です。歯並びが原因で上あごの発育を妨げてしまう状況なので、早めの治療開始をお勧めしています。

他には、「下の前歯4本生え変わってからでよい。」とする情報も多くみられますが、顎が小さすぎたり、顎の中で歯が歪んでしまってうまく歯が生えることなくタイミングを逃してしまっているケースもしばしばみられます。

場合によっては「大人の歯に全部生え変わってからで良いといわれていた。」など残念ながら相談する先生ごとに見解が違い混乱した状態で当院を受診される患者様もおられます。

もし不安に感じることがあればぜひご相談にお越しいただければと思います。

 

 

茶屋ヶ坂の歯科矯正歯科医院【茶屋が坂矯正歯科】

日付:   カテゴリ:ブログ